自分好みの家づくり。先輩たちの声集めてみました。

使いやすいキッチンにするためのポイントは

憧れのマイホーム作り、夢が色々と広がりますね。主婦が一番、長くいる場所がキッチンです。食事の支度や後片づけなど、主婦にとってキッチンは、とても大切な場所です。一生に一度のマイホーム、使いやすいキッチンにするために、ポイントがあります。
システムキッチンを、購入する場合、デザインに目がいきますが、デザインの他に、自分の身長に合っているかが、大切になります。シンクの高さが、自分の身長に合っていないと、腰痛が出たり、ねこ脊になってしまったり、快適に家事をこなすことが出来ません。身長に合ったものが購入出来るので、きちんと打ち合わせすることが、ポイントです。
キッチンの配置も、とても需要になります。水まわりを繋げた、設計にすると、家事の導線がスムーズで、とても動きやすくなります。
キッチンの収納を、多くすることもポイントです。キッチンは思った以上に、物であふれています。すっきり収納出来れば、家事も快適にこなせます。
キッチンのコンセントは、多めに設置することです。キッチン電化製品を多く使うので、コンセントは大切です。
デザインだけにこだわらず、機能性も考えて、計画を立てると、素敵なキッチンになりますよ

自分にぴったりあったキッチンタイプを見つけましょう

キッチンにはタイプが数種類あります。大きく分けると、壁付タイプ、対面式タイプ、アイルランドタイプになります。
壁式タイプは、キッチンが壁に付いた配置のもので、独立したキッチンに多いです。家事に専念しやすく、急な来客にもキッチンが、見えないので安心です。家族と離れて家事をするため、寂しいという声もあります。
対面キッチンは、家族の顔を見ながら、家事が出来るので、人気があります。思った以上に、調理の臭いが、気になるという声もあります。調理台がある方だけ、壁を設けると、臭いや油はねも防げます。対面式は対面部分に、高めのカウンターを付けると、台所の様子が見えず、すっきりと見え、急な来客にも対応出来ます。
アイルランドキッチンは、とってもおしゃれで、主婦の憧れという声も多いです。物を置くスペースが広いので、パン作りなどを、楽しむママにもぴったりです。壁を作れないため、臭いや、片付いていない、場合はすべて見えてしまいます。
キッチンのタイプも、自分の生活パターンを考えながら、決めることが大切になりますね。

SE工法とは木造軸組構造をベースにした工法であり、接合部に強固な金物を用いて従来の工法よりも強度が高く開放的な空間を作ることができます。