失敗したくない!分かりやすい住宅土地選び。

マイホームの購入は土地探しから

マイホームを購入する場合は、出来るだけ満足出来る住宅を手に入れたいです。その場合には、建売の住宅よりも注文住宅を選択すれば、自分の希望に合ったマイホームを手に入れることが出来ます。
注文住宅を購入する場合は、まず最初に土地探しから始める必要があります。しかし、ただ闇雲に土地を探しても中々見つかりませんので、ポイントを押さえながら土地を探すことが大切です。
大切なことは自分の中での優先ポイントを決めておくことです。広さや面している道路の交通量、地域の防犯性など考慮する点は様々あります。直接現地を訪問して確認することが大切ですが、出来れば朝・昼・夜など時間帯を変えて訪れることも大切です。通学路などに面していれば、自動車の出入りなどを気をつけることも必要となります。

土地探しには法律の知識も必要

土地探しには実は、法律も関係してきます。都市計画法によって市街化区域や市街化調整区域などに分かれており、それぞれの場所によって建物の建ぺい率や容積率が制限されておりますので、折角思い描いていた土地が見つかったとしても、希望の住宅を建てられない恐れもありますので、事前に土地に関する法律を調べておくことが大切です。
建ぺい率とは敷地面積に対する建築面積の割合ですので、建ぺい率が低ければ土地が広くても面積の広い住宅を建てられません。容積率とは敷地面積に対する延床面積ですので、容積率によって階数が制限させることになります。
また、地域によっては独自の条例などが定められている場合もありますので、市役所などに確認して条例に引っ掛からないか調べることも必要です。

住人のプライバシーが守られる間取りは多くの物件で重要視されています。生活スタイルによって適した造りが異なるので、必ず事前に下見を行うように心がけます。