後悔したくない!マイホームは建て売り?注文?

建売住宅の特徴については

住宅を購入する場合には建売と注文住宅の2通りの方法があります。建売の場合には実際に家の中を見てから購入することが出来ます。建売住宅は土地をまとめて購入し、造成してからある一定のプランに従って建てて行きます。建築材料や設備機器もまとめて購入できるので安く仕入れることが出来ます。よって販売価格もそれだけ安くできるという特徴があります。
その他エクステリアもそれなりに統一感や周囲との景観、色彩で調和がとれるというメリットも持っています。そして周囲に利便施設が整っていたり、あるいはその後にそういう便利な環境が整ってくるという場合もあります。建売住宅は施主と顔を合わさずに会社独自の方針で建てられる場合が多く、可能であれば第三者機関の検査を行って確認しておくのが良いとされます。

注文住宅の特徴については

注文住宅の場合には地元の工務店、あるいは全国展開しているハウスメーカーで建てる場合や設計事務所で相談を行いながら進めるという3つの方法があります。
ハウスメーカーには予め企画されたプランがあって、敷地の広さや建物の延べ面積によってそこに合うものを選択するという方法も取れます。最近では初めから注文住宅に近い方法も取れますのでそれに従うと思い通りの住宅も作りあげることは可能です。工務店の場合には最初に施主から間取りの相談を受けて案件を提示し、その後は施工も含めて工務店側に任せるという場合が多いものです。建築設計事務所の場合は時間をかけて打ち合わせを行い、事務所のデザイン案で納得が得られれば、業者見積を取って契約し、設計事務所が工事監理を行うという場合が多いものです。いずれも予算に応じたそれなりの良いものが完成します。

住環境を整えるにあたっては、建築デザインにこだわることで、各自の好みの物件を手に入れることが出来ます。